オフィス移転の 退去費用を0円にできるのはトビタツだけ

オフィス移転のコスト大幅削減ならお任せください!

業界初!トビタツ独自の オフィス移転システム
退去期間を最短1ヶ月以内まで圧縮し、
新しいオフィスとの二重賃料をなくす事ができます。
また、壁やパーテーションなどの造作物やオフィス家具なども
そのまま残しておいていただいてOKです!
原状回復の工事費用も必要なくなります。

全く新しいオフィス移転のカタチ、トビタツ
あなたのオフィス移転に革命を起こします!

解約予告期間を待たずに退去が可能。

最短0ヶ月で退去が可能に。
通常3-12ヶ月程度の退去期間をトビタツを利用する事で、
弊社独自のテイクオーバー型™システムで、最短2週間まで
退去期間を短縮する事が可能となります。

退去日を調整できるから
無駄な二重家賃を防げる。無駄なコストを削減できる。
通常のオフィス移転は解約予告期間が設けてあるため、
すぐに退去出来ません。
しかしトビタツを利用する事で、解約予告期間のリスクの解消と、
新オフィスへの移転日の調整が出来るので
無駄な賃料の二重払いを避ける事が出来ます。

家具や内装は そのままで退去ができる。原状回復の工事が不要。
通常退去する場合は、内装などの造作物やや購入した家具家電は残さず
撤去しなければなりませんが、トビタツを導入していただければ
その必要は無くなります。
造作物もオフィス家具もそのまま置いて行っていただいて結構です。
これにより回復工事や撤去にかかる費用が大幅に削減出来ます。

  • テレワークバンク_トビタツ-1

解決できる課題

|解約予告期間 思い立ってもすぐ退去できない?
通常3-12ヶ月程度の退去期間を設けている理由はオーナー様が空率リスクを避けるためお客様が退去通知を出し、その期間に次のお客様を探す期間として設けられております。この退去期間は借りる側にとっては重くのしかかるものになりがちです。
|原状回復義務 元の状態に戻す工事費用
通常退去する場合は、内装などの造作物やや購入した家具家電は残さず撤去しなければなりません。特に内装を借り受けた時と同じ状態に戻す内装工事には大きな費用負担となります。

導入メリット

|業界初!トビタツ独自のオフィス移転システム
退去期間を最短1ヶ月以内まで圧縮し、新しいオフィスとの二重賃料をなくす事ができます。 また、壁やパーテーションなどの造作物やオフィス家具などもそのまま残しておいていただいてOKです! 原状回復の工事費用も必要なくなります。全く新しいオフィス移転のカタチ、トビタツ。 あなたのオフィス移転に革命を起こします!
|移転後のオフィスはトビタツが有効活用いたします
トビタツの独自ノウハウ。トビタツはオフィス移転にかかる退去期間、退去費用を最小化します! これによりベンチャー企業のスピード感を落とす事なく、業務拡大に注力する事が可能です。また、退去期間の通常3-12ヶ月程度の賃貸費用が節約される事で移転先の新しいオフィスの内装費用や設備投資に予算を当てる事が出来ます。

価格

詳細はお問い合わせください。

最短12日間で手続き完了。

サービスの資料請求

サービスの資料については、以下フォームの入力後にダウンロードが可能です。

追って担当者からメールでご案内いたします。

関連記事

テレワークソリューションバンク動画一覧

テレワークの課題解決に役立つ動画を無料公開しています。ぜひご視聴ください。

無料メルマガ登録

ページ上部へ戻る